塩分が肥満の原因に!

20160716214853塩分については、高血圧の原因とされてきましたが、塩分の取りすぎは肥満にも直結していることがあなたに分かってきているそうです。
塩分を過剰に撮っている人は、BMIもお腹周りのサイズも大きいとする報告が複数発表されているのだそうです。
塩分は多くとると食欲を増加させる効果があります。また塩分を多くとると体脂肪を蓄積させる働きを持つと言われるホルモン、グレリンを増やすのだそうです。また塩分は油をたくさん摂らせて摂取カロリーを増加させると言う悪い影響もあることがわかっています。
逆に、減塩に取り組むことで、内臓脂肪の炎症を抑えたり、グリコーゲンや脂肪酸を合成すると言われているインスリンの濃度を大きく低下させるなど、肥満の悪影響を改善することが動物実験段階では明らかになってきているそうです。

この投稿は2017年1月9日に公開されました。

代謝を上げるための栄養管理

20160716214535ダイエットで食事を制限し始めると必要な栄養素が不足してくる可能性があります。
必要な栄養素が不足すれば私たちの体には様々な不調が現れますので注意しましょう。
具体的には貧血や立ちくらみがある、疲れやすい、階段を上る時が辛いといった症状がある人は鉄分が不足している可能性があります。鉄分は血液や代謝に必要な栄養素ですのでレバーやほうれん草など鉄分が豊富に含まれている食材を意識的に取るようにしてください。
風邪をひきやすくなったような気がする、神谷つめがもろい、味覚や嗅覚が鈍くなったような気がする、こういった症状を自覚している人は亜鉛が不足している可能性があります。亜鉛はタンパク質をサポートする栄養素でホルモン合成に必要な働きをしてくれます。
腹持ちが悪くなってお腹がすぐに足、肌荒れが気になる、手足の冷えが気になる、こういった症状がある人はタンパク質そのものが不足している可能性があります。たんぱく質は筋肉や肌の原料となる栄養素です。肉や魚涙大豆類などに豊富に含まれていますので、そうした食材を意識的に取るようにしましょう。

この投稿は2016年12月24日に公開されました。

肥満の原因 油編

20160716214344これは最近話題になっている肥満の新しい原因なのですが、最近特に注目されているのが塩と油だそうです。
油の取りすぎが肥満につながることがよく知られていますが、それをもう少し詳しく見てみると、油の味に対して味覚の感度が低下しているということがわかってきたそうです。
とある調査によると、BMIが高い人ほど油の味覚感度が低いのだそうです。油の味と言うものは、基本の五味には含まれてはいませんが、肥満の人は油が多く含まれた食事を長期間取り続けた結果、より多くの油を含む料理を食べなければなかなか満足できないといった悪循環に陥っ行っているのだそうです。しかしこれは改善できないことではなく、油に敏感になろうと思えば低脂肪食に普段の食事を切り替えるのが良いそうです。
これに関しては実験も行われており、肥満に悩む男女が低脂肪食、あるいは食事の量そのものを減らして6週間ダイエットにチャレンジした結果、見事ダイエットに成功し、油に対する味覚も感度が向上したという結果が出ているそうです。

この投稿は2016年12月13日に公開されました。

なかなか痩せない40代以上のダイエットモチベーション

20160716214008中高年、具体的には40歳以上になってくると多くの人が自覚するのがなかなか脂肪が落ちないということです。
実際には体の内部では脂肪が減り筋肉が増えると言った事は怒っているのですが、それが体重にはなかなか現れないためダイエットに対する意気込み、モチベーションが続かないというのが中高年のダイエットあの悩みです。こういった場合モチベーション維持に有効なのが僕の着心地をチェックするというものだそうです。
自分が期待サイズの服を着てみてその服のフィット感をチェックしするわけです。きつめなのか夢なのかちょうど良いのか、基準となる腹をいちど決めておけばその服を着ることでちょっときついとかちょっとゆるいと言った自分の主観で判断することができます。体型に対して自分の主観が働けばモチベーションにも直結してきますのでダイエットが続きやすいのだそうです。結果が出なくて悩んでいる中高年の方は試してみてはいかがでしょうか。

この投稿は2016年12月8日に公開されました。

337睡眠法 寝るだけダイエットが向いている人

20160716213449337睡眠法についてもう少し触れてみます。
このダイエット法はもちろん誰にでも向いているわけではありません。夜中の10時に寝て朝方まできっちりと眠れている人は特に意識しなくても337睡眠法ができていますから取り組む必要はありません。
ではこの寝るだけダイエットとも言えるダイエット法に向いている人はどんな人なのでしょうか。
337睡眠法を紹介している記事によると、睡眠時間は足りているけども朝の疲れが取れてない人、ぐっすり寝たといった満足感がない人、しっかり眠ったつもりでも昼間に眠くてたまらないことがある人、移動中の電車やバスの中でうとうとしてしまうことが多い人、寝酒に頼らないと眠れない人などだそうです。

いずれもやはりぐっすりと眠れていない人というのが共通したキーワードのようですね。

この投稿は2016年11月19日に公開されました。

記録するだけのレコーディングダイエット

20160716212913このダイエット法はご存知の方も多いと思います。
体重や体脂肪率などを記録するだけで痩せていくと言われているもので、テレビで紹介されたときには日々の食事も細かく書くメモしていくと言った取り組みで話題になりました。
日々の体重の変化を記録することでダイエットに対して意識が向き、食生活などの習慣も見直していくことができる。結果としてダイエットに成功するという構図になっています。
取り組みはパソコンを使えるかとなら非常に簡単に取り組むこともできます。今ならスマホのアプリとかも探せばあるのではないでしょうか。日々の体重と体脂肪率、そして食べたものを書き記していくことができるスペースさえあればこのダイエット法は取り組み可能です。

この投稿は2016年11月10日に公開されました。

寝るだけダイエット337睡眠法

20160716212501ダイエットを特集した雑誌の記事によると、寝るだけダイエットと言うダイエット法を指導しているお医者さんがいるそうです。
佐藤佳子医師がその方ですが、337睡眠法と言うものです。

まず、最初の3時間は中断せずまとめて寝ます。
成長ホルモンは2一の3時間に多く分泌されることがわかっています。成長ホルモンをたくさん出すためには最初の3時間は目覚めないことが大事なのだそうです。できるだけ深い睡眠を最初の3時間で目指すと言うわけです。

次に、夜中の3時には必ず寝るように心がけます。
私たちの体は夜の10時から翌2時までの間にいろいろな修復作業を行ってくれています。その時間帯に睡眠をとっていることが実は非常に大事なのですが多忙な現代社会ではそれがなかなかままならないということもあるそうでそういったケースを考慮して夜中の3時には必ず寝るようにしていましょうと言うことなのだそうです。

そして睡眠時間は7時間寝確保します。
睡眠時間が少なくなってしまうと私たちの体の代謝はどんどん悪くなります。ただ不健康なだけではなく病気の元にもなってしまいますのでやはり健康的な体をキープするためには7時間と言う睡眠時間は必要最低限の時間なのだそうです。まとま睡眠時間が少なくなってしまうと私たちの体の代謝はどんどん悪くなります。ただ不健康なだけではなく病気の元にもなってしまいますのでやはり健康的な体をキープするためには7時間と言う睡眠時間は必要最低限の時間なのだそうです。まとめて7時間の睡眠を確保するのが難しい人は、仮眠なども含めて7時間確保するという心づもりでいることが大切だということでした。

この投稿は2016年10月15日に公開されました。

食事の仕方にも注意

20160716212204忙しいサラリーマンなどによくあるパターンですが、何かをしながら食べるといったこともよくありません。
仕事をしながら食べる、ゲームをしながら食べる、音楽を聴きながら食べる、スマホでネットサーフィンしながら食べる、これら全てダメなことです。食事は少しずつ味わいながら食べるということがダイエットにつながる食べ方です。

1口ごとにおいしさを実感しながら食べると食事に対する満足感が高まっていきますし、ゆっくり食べることで満腹中枢も少量で刺激されます。つまり食べる量が減るわけです。また、そのようにして食べた食事の後は感触が減ると言うデータもあるそうです。ダイエットをしたいなら食事にもしっかり意識を向けながら食べるということが大事と言えそうです。

この投稿は2016年10月6日に公開されました。

睡眠を確保することで1年で10キロのダイエット

20160716212036睡眠不足、朝起きた時に眠くて疲れが取れていない、倦怠感が常にある、そういった人は睡眠がダイエットの妨げになっている可能性があるそうです。
ヘルスプロモーション研究所の佐藤医師は30年間で30万人もの肥満治療をしてきたダイエットのスペシャリストで、きちんと睡眠ができてない人は太りやすいと指摘しています。佐藤医師曰く栄養や運動面のダイエットも大事なのですが、正しい睡眠がとれてなければ食事や運動をどれだけ頑張ったとしてもダイエットは成功しないと話しています。
佐藤医師が提唱するのは337睡眠法と言うものですが、この睡眠法は、最初の3時間はしっかり寝る、夜3時には寝ている、トータルで7時間の睡眠時間を確保する、と言うものです。
この睡眠法は成長ホルモンに着目した睡眠方だそうです。成長ホルモンは細胞の修復作業をしてくれることで知られています。アンチエイジングホルモンといった呼ばれ方もするそうで、体内に蓄積された脂肪を分解する働きもあるそうです。睡眠時間が短いとこれらの成長ホルモンの分泌つが減ってしまうため脂肪が分解されないだけでなく、余分に蓄積されやすい体質にもなってしまうわけです。脂肪分解するのと脂肪が蓄積されるのとでは雲泥の差です。そのため睡眠をしっかりと取るということがダイエットには非常に重要になってくるわけです。実際、この睡眠法を意識しただけで半年で17キロもダイエットに成功した人もいる位です。生活パターンが不規則な人は注目に値するダイエット法ではないでしょうか。

この投稿は2016年10月2日に公開されました。

無理な運動は続かない

20160716211901いついつまでに何キロ痩せるぞと一念発起してダイエットを始めた人に限って自分が辛いと感じる位のキツイ運動をしようとしてしまいます。
運動が嫌いなのにダイエットをするために我慢に我慢を重ねてしまう…こういった取り組みだとそもそも続きません。楽しく運動する方が良いに決まってますので、体への負荷はほどほどにするようにしましょう。

無理して苦手な運動しても続かないだけです。また、専門家が行ったマウスを使った実験によると、走りをサボることで電流を流すような実験装置で運動させてみても、運動効果そのものは同じでも申すの体内時計は大きくくれたそうです。楽しく続ける事は人間でも申すでも同じと言うことです。あまり気負いすぎないように注意しましょう。

この投稿は2016年9月13日に公開されました。