塩分が肥満の原因に!

20160716214853塩分については、高血圧の原因とされてきましたが、塩分の取りすぎは肥満にも直結していることがあなたに分かってきているそうです。
塩分を過剰に撮っている人は、BMIもお腹周りのサイズも大きいとする報告が複数発表されているのだそうです。
塩分は多くとると食欲を増加させる効果があります。また塩分を多くとると体脂肪を蓄積させる働きを持つと言われるホルモン、グレリンを増やすのだそうです。また塩分は油をたくさん摂らせて摂取カロリーを増加させると言う悪い影響もあることがわかっています。
逆に、減塩に取り組むことで、内臓脂肪の炎症を抑えたり、グリコーゲンや脂肪酸を合成すると言われているインスリンの濃度を大きく低下させるなど、肥満の悪影響を改善することが動物実験段階では明らかになってきているそうです。