アーカイブ | 6月 2017

セカンドミール効果

一食目に食べたものが、二食目の血糖値に影響を及ぼす、これをセカンドミール効果と言うそうです。
中には大麦のように3食目にまで影響を及ぼすものもあるそうです。全粒粉や玄米といったものも二食目の血糖値を緩やかにする可能性があり消化されない部分や、大町で発行する要素があるものがセカンド見える効果につながるのだそうです。という事は、セカンドミルクお顔がある食べ物を朝食にとっておけば、昼食で何を食べるかをそれほど意識しなくても良いと言うことになります。これは主に糖尿病の治療なのでも用いられている考え方であり、ダイエットに励む方々の食事方法にも大きな影響を及ぼしています。

この投稿は2017年6月15日に公開されました。