アーカイブ | 10月 2016

寝るだけダイエット337睡眠法

20160716212501ダイエットを特集した雑誌の記事によると、寝るだけダイエットと言うダイエット法を指導しているお医者さんがいるそうです。
佐藤佳子医師がその方ですが、337睡眠法と言うものです。

まず、最初の3時間は中断せずまとめて寝ます。
成長ホルモンは2一の3時間に多く分泌されることがわかっています。成長ホルモンをたくさん出すためには最初の3時間は目覚めないことが大事なのだそうです。できるだけ深い睡眠を最初の3時間で目指すと言うわけです。

次に、夜中の3時には必ず寝るように心がけます。
私たちの体は夜の10時から翌2時までの間にいろいろな修復作業を行ってくれています。その時間帯に睡眠をとっていることが実は非常に大事なのですが多忙な現代社会ではそれがなかなかままならないということもあるそうでそういったケースを考慮して夜中の3時には必ず寝るようにしていましょうと言うことなのだそうです。

そして睡眠時間は7時間寝確保します。
睡眠時間が少なくなってしまうと私たちの体の代謝はどんどん悪くなります。ただ不健康なだけではなく病気の元にもなってしまいますのでやはり健康的な体をキープするためには7時間と言う睡眠時間は必要最低限の時間なのだそうです。まとま睡眠時間が少なくなってしまうと私たちの体の代謝はどんどん悪くなります。ただ不健康なだけではなく病気の元にもなってしまいますのでやはり健康的な体をキープするためには7時間と言う睡眠時間は必要最低限の時間なのだそうです。まとめて7時間の睡眠を確保するのが難しい人は、仮眠なども含めて7時間確保するという心づもりでいることが大切だということでした。

この投稿は2016年10月15日に公開されました。

食事の仕方にも注意

20160716212204忙しいサラリーマンなどによくあるパターンですが、何かをしながら食べるといったこともよくありません。
仕事をしながら食べる、ゲームをしながら食べる、音楽を聴きながら食べる、スマホでネットサーフィンしながら食べる、これら全てダメなことです。食事は少しずつ味わいながら食べるということがダイエットにつながる食べ方です。

1口ごとにおいしさを実感しながら食べると食事に対する満足感が高まっていきますし、ゆっくり食べることで満腹中枢も少量で刺激されます。つまり食べる量が減るわけです。また、そのようにして食べた食事の後は感触が減ると言うデータもあるそうです。ダイエットをしたいなら食事にもしっかり意識を向けながら食べるということが大事と言えそうです。

この投稿は2016年10月6日に公開されました。

睡眠を確保することで1年で10キロのダイエット

20160716212036睡眠不足、朝起きた時に眠くて疲れが取れていない、倦怠感が常にある、そういった人は睡眠がダイエットの妨げになっている可能性があるそうです。
ヘルスプロモーション研究所の佐藤医師は30年間で30万人もの肥満治療をしてきたダイエットのスペシャリストで、きちんと睡眠ができてない人は太りやすいと指摘しています。佐藤医師曰く栄養や運動面のダイエットも大事なのですが、正しい睡眠がとれてなければ食事や運動をどれだけ頑張ったとしてもダイエットは成功しないと話しています。
佐藤医師が提唱するのは337睡眠法と言うものですが、この睡眠法は、最初の3時間はしっかり寝る、夜3時には寝ている、トータルで7時間の睡眠時間を確保する、と言うものです。
この睡眠法は成長ホルモンに着目した睡眠方だそうです。成長ホルモンは細胞の修復作業をしてくれることで知られています。アンチエイジングホルモンといった呼ばれ方もするそうで、体内に蓄積された脂肪を分解する働きもあるそうです。睡眠時間が短いとこれらの成長ホルモンの分泌つが減ってしまうため脂肪が分解されないだけでなく、余分に蓄積されやすい体質にもなってしまうわけです。脂肪分解するのと脂肪が蓄積されるのとでは雲泥の差です。そのため睡眠をしっかりと取るということがダイエットには非常に重要になってくるわけです。実際、この睡眠法を意識しただけで半年で17キロもダイエットに成功した人もいる位です。生活パターンが不規則な人は注目に値するダイエット法ではないでしょうか。

この投稿は2016年10月2日に公開されました。