野菜を先に食べることをベジタブルファーストと言う

太りにくい食べ方の代表例として、食物繊維の多い野菜から先に食べると言うものがあります。
これは先に野菜を食べ、食物繊維をお腹の中に入れることでその後に食べる糖質などの吸収をできるだけ少なくしようという考え方ですが、ダイエッターにはベジタブルファーストと呼ばれたりするそうです。
順番ももう少し細かく、まず最初に野菜を先に食べる、その次に肉などのタンパク質を食べる、そして最後に糖質である炭水化物を食べる、という順番なのだそうです。こうすることで食後の血糖値の上昇を抑えることができるので太りにくい食べ方になるということです。またこれはアンチエイジングの面でも非常に効果的であるとされています。