肥満の原因 油編

20160716214344これは最近話題になっている肥満の新しい原因なのですが、最近特に注目されているのが塩と油だそうです。
油の取りすぎが肥満につながることがよく知られていますが、それをもう少し詳しく見てみると、油の味に対して味覚の感度が低下しているということがわかってきたそうです。
とある調査によると、BMIが高い人ほど油の味覚感度が低いのだそうです。油の味と言うものは、基本の五味には含まれてはいませんが、肥満の人は油が多く含まれた食事を長期間取り続けた結果、より多くの油を含む料理を食べなければなかなか満足できないといった悪循環に陥っ行っているのだそうです。しかしこれは改善できないことではなく、油に敏感になろうと思えば低脂肪食に普段の食事を切り替えるのが良いそうです。
これに関しては実験も行われており、肥満に悩む男女が低脂肪食、あるいは食事の量そのものを減らして6週間ダイエットにチャレンジした結果、見事ダイエットに成功し、油に対する味覚も感度が向上したという結果が出ているそうです。