ダイエットに効果的な食べる時間帯

食べる時間帯とダイエットについての研究も多く行われています。
例えば肥満の女性を朝食または夕食を多くとるグループに分け、ダイエットの効果を調べた研究と言うのがあります。この研究では、朝食を多く摂るグループの方が体重の減り方が大きかったそうです。
また、肥満の男女420人を昼食の時間が15時よりも早いか遅いかでグループ分けし、ダイエット効果を20週間にわたって調査したところ、昼食の時間が15時よりも早いグループの方がスムーズにダイエットすることに成功したそうです。
一方、昼食が15時よりも遅いグループの人たちは、朝食が軽かったり朝食を抜いたりしているケースが多いそうです。つまり、朝食の摂り方が肥満の原因となるということです。