キツイ運動は効果薄

20160716205916運動するためにとにかく動けば良いと考え、きついと思うような運動を一生懸命我慢して行うのもダイエットと言う側面から見れば残念な行動です。
有酸素運動を行うことで脂肪燃焼効果だけではなく食欲を抑えるという働きも出てきますので短期間にキツイ運動するのではなく時間をかけて軽い運動を行う方がダイエットには良いと言えるでしょう。肥満の男性7人と普通の体型をした男性7人に中程度の運動をする人運動せず安静にしておく日を設けてエネルギーの摂取量を比較したところ肥満者も肥満でない人も安静にした日に比べて運動した日の方が昼食での摂取エネルギーが低いという結果が出ています。

つまり有酸素運動した後は同じだけの量の食事をとったとしてもエネルギー摂取の量が低いということがわかっているわけです。有酸素運動すれば食事の量や摂取カロリーが減少しますし、脂肪の燃焼効果もあげることができます。まさに、有酸素運動は一石二鳥の効果があると言うことができます。