セカンドミール効果

一食目に食べたものが、二食目の血糖値に影響を及ぼす、これをセカンドミール効果と言うそうです。
中には大麦のように3食目にまで影響を及ぼすものもあるそうです。全粒粉や玄米といったものも二食目の血糖値を緩やかにする可能性があり消化されない部分や、大町で発行する要素があるものがセカンド見える効果につながるのだそうです。という事は、セカンドミルクお顔がある食べ物を朝食にとっておけば、昼食で何を食べるかをそれほど意識しなくても良いと言うことになります。これは主に糖尿病の治療なのでも用いられている考え方であり、ダイエットに励む方々の食事方法にも大きな影響を及ぼしています。

この投稿は2017年6月15日に公開されました。

野菜を先に食べることをベジタブルファーストと言う

太りにくい食べ方の代表例として、食物繊維の多い野菜から先に食べると言うものがあります。
これは先に野菜を食べ、食物繊維をお腹の中に入れることでその後に食べる糖質などの吸収をできるだけ少なくしようという考え方ですが、ダイエッターにはベジタブルファーストと呼ばれたりするそうです。
順番ももう少し細かく、まず最初に野菜を先に食べる、その次に肉などのタンパク質を食べる、そして最後に糖質である炭水化物を食べる、という順番なのだそうです。こうすることで食後の血糖値の上昇を抑えることができるので太りにくい食べ方になるということです。またこれはアンチエイジングの面でも非常に効果的であるとされています。

この投稿は2017年5月15日に公開されました。

スローチューイング

以前、時間をかけて食べることそのものがダイエットにつながるといった話を書きましたが、それはスローチューイングと言うそうです。
同じ食品を早食いするよりは、ゆっくり時間をかけ味わいながら食べる方が食後の消費エネルギーが高くなるということだそうです。以前までは咀嚼回数が多くなるから消費エネルギーも増えると考えられていましたが、その後の調査でそうとは言い切れないことがわかってきたそうです。
食後にガムを噛んで咀嚼回数をわざと増やすようにした実験では、消費エネルギーは上りはしたものの、食事自体をゆっくりと味わって食べるほど消費エネルギーは上がらなかったそうです。単に咀嚼回数を増やすれば良いと言うわけではなく、とにかく現段階では味わってゆっくり食べるということが消費エネルギーを上げる秘訣のようです。

この投稿は2017年5月6日に公開されました。

どうしても痩せられないときの最終手段

何とかして余分な脂肪を取り去り、体のラインを整えたい。
こんな願望思っている女性は多くいます。特に年代が30代40代50代となるに従って、体のラインは崩れていき、筋肉に取って変わるように脂肪がついてきます。しかも困ったことに、私たちの体は加齢とともに基礎代謝が下がっていきますから、脂肪がつきやすい上に少しのダイエットでは体重が落ちないと言う二重苦に苦しめられることになります。痩せたいのに痩せられないと言う場合最終手段はもうごまかすしかありません。
若い頃なら体のラインが出る服装を切ると格好もよかったものですが、そういったこともできませんので少しゆったりとした服を着て体のラインをごまかすわけです。やせなくとも年代に応じた見ること言うものはあるわけですから自分の体型を常に意識しておき大家に見合った服装と言うものを心がけたいものです。

この投稿は2017年4月16日に公開されました。

下半身やせにバレエが効果的

20160716222332下半身が太いと言うことに対してコンプレックスを持っている女性は多いと言われていますが、下半身の引き締めにはバレエが効果的だと言う話があります。
中高年の、下半身太りに悩む女性がバレエのレッスンに週一回程度通い続けたところ、1年ほどでヒップアップに成功し、太ももも引き締めることができたそうです。パンツのサイズダウンができる位にまでなったそうですから、見た目にもかなりなシェイプアップが実現できたことだと思われます。
球技のバレーではなくダンスのほうのバレエですからその点はくれぐれも間違えないようにしてくださいね。

この投稿は2017年4月3日に公開されました。

二の腕の部分やせにはストレッチゴムが効果的

二の腕が太くてなんとかしたい場合にはストレッチゴムを使った運動が効果的なのだそうです。

具体的には一日おきにストレッチゴムを伸ばす運動を10回3セット行うだけです。2週間から3週間程度続ければ二の腕の筋肉が引き締まりたぷたぷとした余分な贅肉も目立たなくなるそうです。ストレッチゴム輪ホームセンターなどに行けば売っていますのでそんなに高価なものでもないですし気になる人は試してみてはどうでしょうか。

この投稿は2017年3月12日に公開されました。

エネルギー密度でダイエットが楽になる

アメリカなのでダイエットの研究を行っている機関では、エネルギー密度と言う物をテーマにしたものが多いそうです。
エネルギー密度とは、食品1グラム当たりの熱量を指します。エネルギー密度は、キロカロリー÷グラムで計算され、4を超えるものが高く、1.5から4が中位、1.5未満が低いといったグループ分けがされるそうです。エネルギー密度が高い食品としては、クッキーなどのように乾いていて油っぽい物が特徴なのだそうです。これらの食品は多くのカロリーを含んでいるのが特徴なので肥満の原因にもなっています。
逆にエネルギー密度が低い食品と言うのは、水分や食物繊維を多く含む食品と言うことになります。具体的には野菜や果物が代表的です。これらの食品は摂取カロリーを抑えつつも満足感が得られる食品であり、高いエネルギー密度の食品と低いエネルギー密度の食品とでは食べられる量もかなり変わってきます。

エネルギー密度について紹介している雑誌の記事によると、高いエネルギー密度の代表格でもあるバターは一食分10グラムで75キロカロリーなのですが、同じカロリーを低いエネルギー密度の食品であるイチゴで取ろうとすると14個も食べられるそうです。バター10グラムがイチゴ14個に相当すると言うわけです。

20160716221218

 

 

 

 

 

この投稿は2017年3月6日に公開されました。

ダイエットに効果的な食べる時間帯

食べる時間帯とダイエットについての研究も多く行われています。
例えば肥満の女性を朝食または夕食を多くとるグループに分け、ダイエットの効果を調べた研究と言うのがあります。この研究では、朝食を多く摂るグループの方が体重の減り方が大きかったそうです。
また、肥満の男女420人を昼食の時間が15時よりも早いか遅いかでグループ分けし、ダイエット効果を20週間にわたって調査したところ、昼食の時間が15時よりも早いグループの方がスムーズにダイエットすることに成功したそうです。
一方、昼食が15時よりも遅いグループの人たちは、朝食が軽かったり朝食を抜いたりしているケースが多いそうです。つまり、朝食の摂り方が肥満の原因となるということです。

この投稿は2017年2月11日に公開されました。

食事回数とダイエット

20160716220708食事の回数は、食事全体のカロリーを抑制しつつ、誤解ほどに小分けして摂る方がよりダイエットには向いているそうです。
これまでに食事の回数とダイエットに関する研究はいろいろ行われているそうですが、食事回数が多いほど体脂肪が落ちやすいと言う報告があるのだそうです。
肥満に悩む女性11人が、同じ低カロリー食をそれぞれ2回から6回に分けて12週間食べたと言う実験においては、体重の減少は変わりありませんでしたが、食べる回数が少なかった人たちは筋肉量が減少していたのに対し、食べる回数が多かった人たちは筋肉量が逆に増えていたそうです。

これは、食事の間隔が空きすぎると、体内のタンパク質の分解が進むということを示しているそうです。筋肉量が落ちてしまうと基礎代謝が減りますのでダイエットをしてもリバウンドしやすくなります。

この投稿は2017年2月2日に公開されました。

BMIも腹囲も起きい

20160716215442男女785人の人に1日の尿中に排泄されるナトリウム量を24時間調べ、体系との関係を分析した実験があります。
その結果、食塩摂取量が多い人ほどBMIや腹囲ともに大きいということがわかりました。食塩摂取量は体脂肪量とも関係していることがはっきりしてきています。食塩摂取が1日1グラム増えるごとに肥満のリスクは26%も上昇するのだそうです。
今までは脂質や糖質が肥満の原因と考えていましたが塩分も直結すると言うのは新たな発見だと言えそうです。もっとも塩分がダイレクトに脂肪に変わるわけではなく、塩分を多く取る人はそれに比例するように脂質も多くなりがちだと言うような見方のようです。

この投稿は2017年1月11日に公開されました。